カテゴリー: コラム

なぜ”野良コス”がダメなのかみっちり解説する

自宅、撮影スタジオ、イベント会場など、指定された場所以外でコスプレをすることを、コスプレイヤーの間では“野良コス”と呼んでいます。

また「野良コスをしてはいけない」というローカルルールが存在し、コスプレイヤーの方はこれをきっちり守って活動しています。

ですが、そのローカルルール自体、コスプレ文化と全く接点がない人にはあまり知られていません。

なので「地域振興とコスプレをくっつけたい」という自治体の担当者の方、「イベントにコスプレイヤーさんにも来てほしい」というイベンターの方に相談を受ける時に、「なるほど、家から着てくるわけじゃないのね」って言われることがたまにあります。

今回は「野良コスがなぜダメなのか」ということについて解説していきます。

Continue reading

Filed under: コラムTagged with: ,

女装子・男の娘がコスプレする時、最低限やるべき2つのこと

津島善子/ラブライブ!サンシャイン!!

女装子・男の娘にしろ、女装コスプレにしろ、公序良俗に反しない限り、誰がどんな格好をしようがその人の自由です。

ただしそれなら、不快な女装子・男の娘を避けるのも自由だということ。

特にコスプレの場合、人前に出る以上、周りからは常に「この人は好き」「こいつは嫌い」「クオリティ高い」「キモい」などとジャッジされています。

ジャッジのうえでOKな人は好かれますし、あまりにも多くの人からNGと判定される人には誰も寄り付きません。

今回は、一般論として「”汚女装”と言われないためには最低でもこうしよう」とよく言われていることの中から、今すぐ始められる努力で、より多くのOKをもらえる方法をまとめてみました。

Continue reading

Filed under: コスプレお役立ち, コラム

コスプレイヤーとお近づきになりたい一般の方へ

古明地さとり/大雪森のガーデン

コスプレをしていると、イベントで一般の方(コスプレをしていない人)に声をかけられることは多いです。

私の体感では、一般の方の属性は10代の女の子から40代のおじさんまで様々です。街系だとおばあちゃんもいるよww

一般の方にとって、コスプレは物珍しいし、クオリティの高い人はもっと近くで見てみたいし、仲良くなりたい。そんな理由から、コスプレイヤーとお近づきになりたい一般の方も多いかと思います。

では、一般の方がコスプレイヤーと仲良くなるためにはどうしたらいいでしょうか? 今回はコスプレイヤーの視点から方法をまとめてみました。

Continue reading

Filed under: コスプレお役立ち, コラム

男の娘・女装コスプレ初心者にオススメの『艦隊これくしょん(艦これ)』。選択肢が多いぞ!

龍驤/2015年4月

先日「男の娘・女装子初心者がコスプレするなら最初は『東方Project』がいいよ!」っていう趣旨の記事を書きました。

実はもう1つ、男の娘・女装子初心者にオススメしたいシリーズがあります。

Continue reading

Filed under: コスプレお役立ち, コラムTagged with: , ,

伝わりやすい注意喚起ツイートの書き方

伝わりやすい注意喚起ツイートの書き方・アイキャッチ

コスプレ関係でたまに回ってくる注意喚起ツイート。

内容は出会い厨だったり、不審者だったり、主にやましい心を持った男性がいるので自衛しましょうという趣旨のものがほとんどです。

ただ、すっごいたまに、「その書き方じゃ1ミクロンも伝わらへん」ってツッコみたくなる注意喚起ツイートがあります。もちろん、伝わらなければ何の意味もありません。ただの私怨晒しです。

今回は、注意喚起が注意喚起の目的をきちんと果たす、伝わりやすい注意喚起の書き方をご紹介します。

Continue reading

Filed under: コスプレお役立ち, コラムTagged with: ,

とあるトランスジェンダーの方に話を聞いてみたよ

とあるトランスジェンダーの方に話を聞いてみたよ | ヘッダー

先日投稿した記事に「LGBTの人いたら詳しく話を聞きたい」って書いたら、とあるトランスジェンダーの方から連絡がありました。

もうね、ほんとに意外な人でして、「ブルータス、お前もか」って思ったんですよね。

今回は、トランスジェンダーのYさんにみっちり質問させていただき、了解を得た上で掲載することにしました。

普段なかなか出会えないし、話を聞く機会もめったに得られないであろうLGBTの方。これはもういろいろ突っ込んでお聞きせにゃ……!!

Continue reading

Filed under: コスプレ全然関係ない話, コラムTagged with: , ,

自分が絶対に採らない選択肢と、それを採る人たちと、彼らが見ている世界について

お上手ですね。

異世界はスマートフォンとともに。』っていう、もうタイトルからさっそく酸っぱいアニメをあえて観ています。

このアニメね、とても香る。

  • 異世界ファンタジーもの(またか)
  • 登場人物8割ぐらい女の子(またか)
  • 主人公強すぎ(ま
  • 敵弱すぎ(

「ンフwwwwww」ってなる。香るね。

2話まで観た時点で芳しさマックスハートなんですけど(とはいえ、異世界にスマートフォンを持ち込むというアイディアと、お茶の間で神様と会話するところから始まるゆるい導入のお陰で、1話の前半までは面白かった)、2話連続で暴漢に襲われる女の子とその撃退シーンを観せられた時はほんとにもうどうしようかと。

あと“盲目の女性の目を治す”っていうカタルシス絶大のネタを、絆創膏貼るぐらいの軽さで片付けるの、真面目にどうかと思う。

異世界はスマートフォンとともに。第2話
「リカバリー」ってパソコンかよ

今までの自分なら即切りしてるところですが、今回は思考実験として、苦痛を覚悟の上で最後まで観てみることにしました。

というのも、最近ちょっと思うところがあったんです。簡単に言うと、自分が絶対に採らない選択を採り続けたら何が見えてくるのかが気になったんですよね。

Continue reading

Filed under: ゲーム, コスプレ全然関係ない話, コラムTagged with: , ,

“女装子”ってホモなの?社会的に認められつつある男性の女装について

V/2015年5月 ゆにガーデン

“女装子”とは、女装を楽しむ男性のことです。

メディアで採り上げられることも増えてきた女装子。昔は奇異の目で見られていたみたいですが、今は一つのエンタメとして市民権を得つつあります。

北海道新聞2017年7月4日

ここでは、私も女装子の一人として、改めて「女装子とは何者なのか」ということについて説明していきます。

Continue reading

Filed under: コラムTagged with: ,

コスプレ写真の撮影を1年続けてわかったこと。大切なのは”ストーリー”

紅夜氏さん/2016年10月 Bootyイベント サッポロファクトリー

私がコスプレイヤーになってから3年半、さらにカメラをやるようになってから1年が経ちました。

ウルトラちんちくりんだった撮影技術も、試行錯誤を続けた甲斐があってずいぶんマシになったもんです。

写真の上達のため、私が何に気をつけて、どういうことをしてきたのか。過去1年に撮影した写真を交えてご説明していきます。

ていうか。タイトルで言っちゃってるけどね。

一眼の購入を検討している人、上手に写真を撮りたい人は参考にしてください。

Continue reading

Filed under: コラムTagged with:

“しつこい人”へのオーバーキルは勘弁してあげて

津島善子/ラブライブ!サンシャイン!!

先日、しつこい人、出会い厨、いわゆる”好かれたくない人”に関する記事を書いたところ、なんかめっちゃ読まれてるみたいなのでびっくりしました。

当ブログでもっとも読まれてる記事はコスプレイヤーインタビュー『PRay』のまなつさん(笑点の人)回なんですが、

これを一晩足らずで上回っちゃった。

たぶんこの話題、多くの人の関心事みたいなので、もう1本書いてみますね。今回は”しつこい人”にテーマを絞ります。

ここで言う”しつこい人”は、ただただコミュ力が低く、人生経験に乏しいだけで、悪意はない人のこと。出会い厨とはまた違います。

Continue reading

Filed under: コラムTagged with: , , ,