月別: 2017年9月

なぜ”野良コス”がダメなのかみっちり解説する

自宅、撮影スタジオ、イベント会場など、指定された場所以外でコスプレをすることを、コスプレイヤーの間では“野良コス”と呼んでいます。

また「野良コスをしてはいけない」というローカルルールが存在し、コスプレイヤーの方はこれをきっちり守って活動しています。

ですが、そのローカルルール自体、コスプレ文化と全く接点がない人にはあまり知られていません。

なので「地域振興とコスプレをくっつけたい」という自治体の担当者の方、「イベントにコスプレイヤーさんにも来てほしい」というイベンターの方に相談を受ける時に、「なるほど、家から着てくるわけじゃないのね」って言われることがたまにあります。

今回は「野良コスがなぜダメなのか」ということについて解説していきます。

Continue reading

Filed under: コラムTagged with: ,

市民で作るファッションショー『ふかがわコレクション2017』

ふかがわコレクション2017

2017年11月11日(土)、深川市で『ふかがわコレクション2017』が開催されます。

“市民で作るファッションショー”をテーマに、2015年にスタートした当イベント。今年3回目を数える今回、新たにコスプレ部門が新設され「コスプレコンテスト」が実施されます。

『ふかがわコレクション2017』に行こう!

『ふかがわコレクション2017』は、“市民で作るファッションショー”をテーマに、深川市で実施されるイベントです。

誰でも参加でき、参加料・更衣室利用料は無料。

募集されているのは下記の5部門となります。

  1. キッズ(高校生まで)
  2. ユニフォーム(看護師、学生、部活、作業着ほか。制服・ユニフォームならなんでもOK)
  3. ショップ(洋服屋さん、スポーツ店さんほか。販売しているお店の衣服で)
  4. ハンドメイド
  5. コスプレ(アニメのキャラクター、メイド服等なんでもOK)

ギャラリーが見守る中、ランウェイを歩けるようです。

コスプレ部門新設。豪華景品も……?

『ふかがわコレクション2017』では、今回よりコスプレ部門が新設されます。

「ハードルを低くして、より多くの人が参加できるようにしたい」とのことです。

また、コスプレ部門に関しては「コスプレコンテスト」を実施、成績優秀者には豪華景品が贈られるとのことです。

元がファッションショーなので、もちろん男女更衣室完備。

参加するには?

参加には事前連絡が必要です(締切10/20)。

事務局

雑貨カフェバー キルティングビー』
Tel: 0164-22-4161

またはVまでご連絡ください!

開催概要

イベント名

ふかがわコレクション2017

日時

2017年11月11日(土)

場所

深川市生きがい文化センター(クリスタルスクエア)
北海道深川市西町3-3-15

参加料

無料

深川市でもコスプレの動きが……!?

深川市は沼田町から2つ隣の市町村です。

今まで赤平、長沼、滝川とけっこういろんなところから「地域のイベントにコスプレを採り入れたい!」ということで声をかけていただいてます(でも仕事の都合で断らざるを得なかった)。

ので「ついに深川から……!!」とびっくりしてますww

こんな感じで、地域のコスプレイベントがどんどん増えていくことを願ってます!

お知らせ

Twitterもよろしくね(^q^)

コスプレ動画始めました(ㆁωㆁ*)

Youtube

niconico

ゲーム実況動画もよろしく(*´ェ`*)

Youtube

niconico

Filed under: イベント情報, 地域の情報Tagged with: ,

小樽アニメパーティ(2017)【イベントレポ】

アイドルマスター彼岸島ガールズ

小樽アニメパーティ』(2017)参加してきましたよー!

予算の都合で行かないつもりだったんですが、小樽でしか会えない人たちもいるし、車中泊すればそんなにコストが掛からないことに気づいたので(栞鳳ちゃんありがとう)、2日間フルに参加してきました!

イベントのようす、参加された方の写真も併せてご覧ください。

Continue reading

Filed under: イベント参加報告Tagged with: , ,

女装子・男の娘がコスプレする時、最低限やるべき2つのこと

津島善子/ラブライブ!サンシャイン!!

女装子・男の娘にしろ、女装コスプレにしろ、公序良俗に反しない限り、誰がどんな格好をしようがその人の自由です。

ただしそれなら、不快な女装子・男の娘を避けるのも自由だということ。

特にコスプレの場合、人前に出る以上、周りからは常に「この人は好き」「こいつは嫌い」「クオリティ高い」「キモい」などとジャッジされています。

ジャッジのうえでOKな人は好かれますし、あまりにも多くの人からNGと判定される人には誰も寄り付きません。

今回は、一般論として「”汚女装”と言われないためには最低でもこうしよう」とよく言われていることの中から、今すぐ始められる努力で、より多くのOKをもらえる方法をまとめてみました。

Continue reading

Filed under: コスプレお役立ち, コラム