コスプレ全然関係ない話, 動画

ヒカキンに、ゲーム実況に……動画の世界も楽しいよね!

このところ動画を作って『Youtube』『ニコニコ動画』に上げるのにハマってます。

『おっさんだけどコスプレするよ』というコスプレ動画と、『ギルティギアXrd イノで20段目指す』という格闘ゲームの実況動画です。

作り方の参考にということで、Youtuberの動画をいろいろ観てるんですけど、ヒカキンさんの面白さに今更ながら気づきました。

さらにヒカキンさんだけでなく、面白いゲーム実況者とチャンネルもいろいろ見つかったわけですよ。

PR



ヒカキンのどこがオモロいねん

ここがオモロいねん。

内容は普通。まあ始祖ですからね

もっとも有名なYoutuberともあれば、その動画の内容も気になるところ。さぞかしすごい企画をドッカンドッカン打ち出してるかと思いきや……、

ネタ自体は驚くほど普通。大学生が悪ふざけでやるみたいなことがほとんどww

  • ○○を買ってみた
  • ○○を食べた
  • ○○に行ってみた
  • ○○でこんなことがあった

むしろ、チラ裏(いわゆる”チラシの裏”)なんですよね。何の変哲もない、どこにでもいるYoutuber。

ただ”どこにでもいるYoutuerがいくらでもやっていること”、つまり”業界標準”を作ったというのがすごいところ。

内容はどれも平易な割に、ウケもいい。あまりにもテッパンすぎるからこそ、みんな真似してしまう。「お菓子実食」なんその典型で、”ヒカキンキッズ”と言われる子たちを無数に生み出しました。

編集がくそ丁寧

ヒカキンさんの動画って、よく考えたらネタ自体は珍しくないんですけど、編集が丁寧で、本人が愉快な人だからか、観てて普通に面白いです。

エフェクトや効果音などの演出も細かく挟んでて、編集はバラエティ番組並の丁寧さですね。

顔芸とビートボックスの連発

動画の内容にメリハリをつけているのが顔芸とビートボックス(口でドンチキドンチキ言うアレ)。

最初は「子供騙し的だよなぁー」って思ってたんですけど、アイキャッチ的な効果があることに気づきました。淡々と喋られるよりも賑やかになって、内容にもメリハリが出ますね。ブログで言うなら太字とか、赤字とか

もともとは音屋なので、初期の動画は音楽関係が多い

初期の動画を探っていくと、ビートボックスの動画がザクザク出てきます。もともとはこっち側の畑の人だったらしく、上記の『スーパーマリオビートボックス』の大ヒットがきっかけで、Youtuberへの道を歩み始めたそうです。

そもそも話術スキルが高い

「『すしざんまい』に寿司食べに行って、ひたすら後ろでヒソヒソ話をされて鬱陶しかった」っていうだけの話をこんだけ面白く喋れるのがすごいww

ゲーム実況も面白いよね

実は私、ゲーム実況って嫌いであんまり観ないほうだったんですよね。単純にプレイ動画が観たくて探してる時に「はいどーも○○でーす」って出てこられると知らんがな誰やお前感が半端ない。

そんなゲーム実況ですが、面白い人の実況動画を追いかけているうちに、ゲーム実況動画というもの自体が嫌いじゃなくなりました。むしろ好きですね今は。

プレイングが上手い人はもちろん、ヘタな人でも面白いことがよくある

ゲームを超やりこんでる人の神業、全くグダらないプレイ、極端に言えばTASもスーパープレイに入りますね。そういう人たちのプレイもそうですが、絶妙に上手くない人のプレイも面白かったりしますね。

TASとは、TVゲーム等においてエミュレータの機能を用いたタイムアタックを行う事、およびその競技名。

引用:http://dic.nicovideo.jp/a/tas

下手なプレイは高校野球を観てる感じに近くて、ゲーム側が用意したハードルをギリギリの高さで乗り越えていく様子は、スーパープレイにはない面白さがあります。

『スーパーマリオワールド』のTAS動画。ツールアシストだとこんな感じで人間にはほぼ不可能なスーパープレイ、または死にそうで死なないスリリングなプレイを意図的に行えます。

『ユーキの魂』さんは『ダークソウル3』の動画が観たくてたどり着いたチャンネル。ユーキさんはプレイングが上手いというより喋りそのものに実家のような安心感があり、それもあってか、なんとなくダクソ3以外のものも観てしまう魅力がありますね。

ゆっくりやVOICEROIDなど文章読み上げツールを使えば、本人が喋らなくても実況動画が作れます。チャンネル『らんこと』さんではゲームのプレイと、東北ずん子・きりたんのハイスピード漫才をミックスした、もはやゲーム実況というカテゴリから半歩脱出した動画作品が観られます。

私のように喋りが苦手でもテキストや脚本を書くのが得意だという人は、実況動画をやるならこの方法がいいかもしれませんね。

『ニコニコ動画』ならコメントつきで更に面白い

『ニコニコ動画』だと、動画に他の視聴者からのコメントがつきます。動画やゲームに関するウンチクや補足的な内容だったり、状況に対するツッコミだったりと、コメントが動画の面白さを引き立たせる場合もありますよね。

こちらは『やんわり』さんの動画。『伝説の勇者を怒らせる48の方法』は、私が6~7年ぐらい前に作ったゲームです。おちょくり、迷惑行為、精神攻撃に耐えながら魔王の討伐を目指す、ハートフル胃痛RPGとなっております。

だって(動画に)可能性感じたんだ

そうだ進め。

スマートフォンの普及、インターネットを通じてやり取りできるデータ量の大幅増加にともない、ネット上では動画の需要がどんどん高まってきています。

スマートフォンで撮影した動画をTwitterにホイッと上げられる、いい時代になりましたね。

私も同じ”発信”に携わる者としてこうやってブログをやっていますが、動画にも並々ならぬ可能性を感じ、動画にしかできないことって何かないかな?といろいろ考えてたりします。

文章を書けるのに加え、動画が作れるようになったら、マジで最強じゃない?

PR



お知らせ

Youtubeチャンネル『あしながおにいさん』開設!

  • 無料で使えるゲーム音楽素材
  • おっさんだけどコスプレするよシリーズ
  • ギルティギアXrd イノで20段目指すシリーズ

などなどの動画を配信しています。登録お願いします!

Twitterもよろしくね(^q^)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。