『モンスターハンター ワールド』をレビュー!ぶっちゃけどう評価する?

モンスターハンター ワールド

『モンスターハンター ワールド』、あなたはもうプレイしましたか?

いや、しろよ。なぜベストを尽くさないのか。もっとアツくなれよ。

私は仕事と遊びと遊びと仕事と遊びと遊びの超忙しい合間を縫って満喫してます。最近ピアノの練習を再開し、ボルダリングも始めました。充実してんな。

そんなふうに超絶悶絶きりもみ忙しい中、『ホライゾン ゼロ・ドーン』と並行して80時間ほどプレイし、とりあえずエンディングまで見たところでレビューと洒落込みます。

PR



モンスターハンター ワールド
すげー臨場感

『モンスターハンター ワールド』ってどうよ

80時間ほどプレイしたって時点でもうめっちゃ勧めたいに決まってるじゃないですかー! やだー!

ちなみに勧めたいのはこんな感じの人たち。

  • モンハン興味あるけど難しそう
  • モンハンもう飽きた
  • PSPはともかく3DSはくっそ操作性悪くてやめちゃった

『真・三國無双8』の記事でも似たようなことを言いましたが、“飽きた勢”こそ戻ってきてほしい。戻ってくるんだ。地べたを這い、泥水をすすってでも。

実はあんまり難しくないモンハン

『モンスターハンター』シリーズ、難易度が高いイメージを持ってる人も多いと思います。

まず覚えるべき情報量が多い。やれることも多い。武器もどれ選んだらいいかわからん。キャラの動きが思ったよりモッサリしとる。えっ一発殴られただけでこれ!?

まぁそのへんは慣れればいいだけの話だし、プレイに必要なことはだいたいチュートリアルで教えてくれます。武器はとりあえず全部使ってみれ。攻撃は避けれ。

確かに一部のモンスターはゲロムズだったりするんですけど、それは上級者とか廃人向けのエンドコンテンツなだけであって、普通にプレイしてエンディングを観るくらいだったら小学生でも一人でできるんじゃないかな。

あと”モンハンはムズい”のイメージを定着させた2ndGの頃に比べると間違いなくユルくなってます。シリーズを重ねるごとに操作性は改善され、めんどくさ要素も排除されてきているのも、その要因の一つでしょう。

モンハンの動画を検索したらガチ勢のタイムアタック動画がわんさか出てくるし、プレイしたことない人は「うわっモンハン界隈ヤバい」って印象を持ってしまうかもしれません。

けど、実際はみんなもっとゆったりプレイしてる印象ですね。1人で3乙(モンハンは1クエストにつき残機3をパーティで共有していて、人数に関係なく3回やられるとクエスト失敗)する人もたまにいます。

たまに一緒にやるなつ汰、スカイウインドくんとかこんな感じ。

モンスターハンター ワールド
突然始まる腕相撲
モンスターハンター ワールド
狩りは……?

“めんどくさ要素”をひたすら排除!

あなたがモンハンに飽きた人であれば、なぜ飽きたかはいろいろ理由があると思います。それが「狩りと関係ないことに時間と労力を取られるし、めんどくさいことが多すぎる」というのであれば、即戻ってきてほしい。早くしろ。

というのも今回、モチベーションを下げる”めんどくさ要素”、快適さを損なう要素が徹底的に排除されてるんです。

『真・三國無双8』の記事でも触れましたが、いまのゲームユーザーは忙しい。やりたい・もうやってるゲームは他にたくさんあるわけだし、モチベーションを削り取るめんどくさ要素が多いんなら、それを乗り越えてまでやりたいとは思わねぇ。

いまのゲームユーザーが求めているのは、めんどくさくない、オイシいとこだけ食える快適なゲームデザイン。『モンスターハンター ワールド』はその求めに応えるがごとく、めんどくさ要素をニコニコ本社みたいにさんざっぱら爆破してくれたわけです。

めんどくさ要素のみならず、快適さを損なう「それってどうよ」な要素も撤廃されています。回復してガッツポーズとか。

私は『モンスターハンター』シリーズをPS2の『2(ドス)』から始め、アイルー村・ストーリー・スマフォ版などを除けば全部プレイしてます(クリアしたとは言ってない)。

モンスターハンター老人会にでも入れそうな老人ハンターの観点から、この『ワールド』で大きく変わったことを列挙していきます。

ペイントボール排除!”痕跡”を集め、最終的には自動マーキングに

ペイントボールがなくなりました。これめちゃくちゃ大きいと思う。

マップ上を徘徊するモンスターが残す”痕跡”(足跡、唾液、鱗、ひっかき跡など)を回収し続けることで、モンスターの現在地への誘導があったり、最終的に自動マーキング状態になります。くっそ便利。

モンスターハンター ワールド
泥魚竜ジュラトドスの痕跡。回収するとモンスターへの誘導が始まる

見失ったモンスターを探して延々マップを徘徊する必要は、もうなくなったのです。

砥石無限

砥石が無限になり、アイテムポーチではなく備え付けになりました。これ以上言うことはない。どうだ、ありがたいだろう。

食べ物・飲み物アイテム使用中も動ける

これまでのシリーズでは、アイテムを使うとその場で立ち止まり、余計なモーションを取っていました。ガッツポーズやってるうちにまた被弾、なんてありましたよね。これがなくなりました。

回復薬も、こんがり肉も、怪力の種も、使用中に効果が発動するまで動くことができます(さすがに通常よりも遅い)。緊急時には効果を放棄して×で回避も可能。

採取行動を大幅改善。スピーディーになった

「狩りを楽しみたいのに採取に時間を割かれるのやだな」って思ってませんでした? やっぱりねー。ですよねー。

植物・虫・ハチミツの採取がファッキン早い。摘むっていうか、拾う感じになりました。走りながらでも、まるで一塁手がゴロを拾うかのように採取できます。さらに植物・ハチミツは1度の採取量も増加してます。

虫あみ・ピッケルも撤廃。虫も今回は手で拾います。「アタシ虫コワイ~」なんてもう言わせねぇからな。カマトトぶんな。

モンスターハンター ワールド
それにしても、雷光虫ってこんだけデカかったのね。コワイ~

モンスター同士がケンカする

これまでは複数のモンスターがはち合わせると、なぜか固い団結のもとにおもっくそプレイヤーを狙ってきて「なんでや!俺関係ないやろ!」って感じだったんですけど、今回はモンスター同士が縄張り争いを始めて双方にけっこうなダメージが入ります。

アンジャナフがドスジャグラスを投げ飛ばすのとか、遠くで見ててめっちゃ面白い。

ヘイト(攻撃の標的になる)がプレイヤーだけでなく他のモンスターにも向くようになり、モンスターの隙を突きやすくなりました。

まだまだある、快適になったこと

  • エリアが別れていたマップが1枚ものになり、読み込みのストレスがほぼない
  • 装備のダウングレード可能(素材は戻ってくる)
  • ベースキャンプへのファストトラベル(非戦闘時に限る)
  • クエスト中・調査中、ベースキャンプでアイテムの出し入れ、装備変更ができる
  • 一部アイテムの調合で、必要素材が少なく(薬草だけで回復役が作れるなど)
  • 与ダメージの可視化。数字で表示される
  • 剣士とガンナーの装備を共通にした(=ガンナーの防御力アップ)
  • スキル発動簡略化。”珠”アイテム1個で発動

笑っちゃうっしょ。2(ドス)時代からやってきた人間としてはどっひゃ~!えれぇことになったゾ~!ですよ。

逆に、ここまで進化してもかゆいところに手が届いてない点があります。

それは、素材の分解、ダウングレード(上鱗1つを鱗2つにするとか)が未だにないということ。さすがにそろそろ実装してほしい。『ゴッドイーター』にはあるよ!?!?!?

えっ? 古代樹の森がクソマップ? 知らんな。

「PS4で出た」というのがもうすでにすごい

『モンスターハンター』シリーズは最初に家庭用ハードのPS2で登場。それからWii、PSP、3DS(並行してPS3)とさまざまなハードを点々とし、『ワールド』でPS4と、本格的に家庭用ハードに戻ってきました。

これまで長らく3DSで出ていましたが、3DSは集まって協力プレイできるのはいいものの、持ちにくく操作しづらい、グラフィックもサウンドもあんまり……という問題を抱えていたことは、プレイ経験のある方はよく知っていると思います。

それが今回PS4でリリースされたことで、同じ部屋に集まってお菓子とか飲み物を持ち寄って騒ぎながらプレイすることはほぼ無理になったものの、そのかわりグラフィックもサウンドもまるで別世界のものとなりました。

モンスターハンター ワールド
もうずっとこんな調子。すごいよね

グラフィックとサウンドがすごい

「グラフィックがすごい、サウンドがすごいってだけでここまで違うんだな」って、同じくハンターである友人と話していたものです。めちゃくちゃ単純なPS4の強みですよね。

ついつい「3DSとはなんだったのか」みたいに思っちゃう。

マップは完全に一枚ものに。エリア間読み込みなし!

マシンパワーのおかげか、マップが一枚ものに。エリア移動の際に読み込みがなくなりました。

ちなみに今回はよく”オープンワールド”と言われますが、良くも悪くも従来のモンハンのような箱庭感は健在です。私はこれでもいいと思いますが、これでオープンワールドをうたうのなら、古代樹の森からそのまま大蟻塚や陸珊瑚まで行けないとダメじゃないかなww

デカ画面に、PS4コントローラ。ハード面での恩恵

PS4ということで画面解像度が高く、画面上にマップ・体力ゲージ・ポップアップ情報など計器類がたくさんあるのに全く狭く感じないです。

モンスターハンター ワールド
情報量が多くて、はじめての人は混乱するだろうけど、まぁ慣れです

さらにPS4のコントローラーはグリップしやすく、ボタン数も多いためショートカット機能もより快適になっています。

アイテム使用、調合、ジェスチャーなどのアクションのショートカットをたくさん設定でき、すぐ実行できます。3DSでもショートカット機能はあったんですが、今回は一度に設定できる数が大幅に増えています。

まとめ

  • やりたいけど難しそうって人、あるいは「飽きたわー」って人にこそめっちゃ勧めたい
  • めんどくさ要素、不快要素、モチベーションを下げる要素がゴッソリ排除され、プレイしやすくなっている
  • グラフィック、サウンド、画面解像度、コントローラなど、あらゆる面で「PS4で出た」っていう恩恵が大きい

ところで、まったくの余談なのでここに書かせてくださいww

冒頭で触れた、私がいまめちゃくちゃハマってる『ホライゾン ゼロ・ドーン』っていうゲームがあるんですけど、なんの偶然かこの『モンスターハンター ワールド』とコラボしてます。

モンスターハンター ワールド
主人公・アーロイの装備と、敵の機械・ウォッチャーをイメージしたオトモ装備

もちろん装備も作りました。”ワンセット防具”という新たなカテゴリの装備で、身に付けるとキャラメイク関係なく3Dモデルそのものが変わります。

おかげであっちでもアーロイ、こっちでもアーロイ。

このアーロイが主人公の『ホライゾン:ゼロ・ドーン』っていうゲームもめちゃくちゃ面白いので、次回レビュー記事を書いていきます。お楽しみに! 首を洗って待っていろ。

お知らせ

Twitterもよろしくね(^q^)

コスプレ動画やってます(ㆁωㆁ*)

Youtube

niconico

ゲーム実況動画もよろしく(*´ェ`*)

Youtube

niconico

コメントを残す