伝わりやすい注意喚起ツイートの書き方

伝わりやすい注意喚起ツイートの書き方・アイキャッチ

コスプレ関係でたまに回ってくる注意喚起ツイート。

内容は出会い厨だったり、不審者だったり、主にやましい心を持った男性がいるので自衛しましょうという趣旨のものがほとんどです。

ただ、すっごいたまに、「その書き方じゃ1ミクロンも伝わらへん」ってツッコみたくなる注意喚起ツイートがあります。もちろん、伝わらなければ何の意味もありません。ただの私怨晒しです。

今回は、注意喚起が注意喚起の目的をきちんと果たす、伝わりやすい注意喚起の書き方をご紹介します。

PR



まず典型的なダメな例

注意喚起の書き方・ダメな例

うん……

うん……

知らん。

ってなりません?

そのツイートは誰のため? 大切なのは公益性

たとえば、出会い厨の男性コスプレイヤーがいて、あなたは間一髪で難を逃れられたとします。

でもそいつは他のイベントでも似たようなことを繰り返しています。

あなたは相当怒っていますし、そいつに一泡吹かせてやりたい。それに、自分と同じ目に遭う人を少しでも減らしたい。

ここで注意喚起ツイートをする場合、具体的にはどうすればいいでしょうか?

模範解答

ぼくのかんがえたさいきょうの模範解答。

伝わりやすい注意喚起の書き方

多くの人のためになる公益性を考えよう

あなたが被害に遭った、友達が被害に遭ったわけですから、私怨的なことを書くなとは言いません。というか、私怨的な感情が1ミリもなければ、こんなに手間暇をかけて「注意喚起!」なんてやりませんよね。

ですが、本当に私怨だけでは、せっかく誰かのところに届いても「知らんがな」で終わりです。

拡散してもらうには、情報を受け取った人にとってわかりやすく、有益であり、さらに拡散したくなるように整理しなければなりません。

個人的なことではなく、公益性。つまり「私が傷ついた」じゃなくて「あなたが傷つかないように」を立脚点にしてください。

客観的な事実のみを、淡々と書こう

まず、あったことと、あなたの感想を分離しましょう。

  • こういうことがあった(事実)
  • こう思った(感想)

ありがちなのが、その場の空気感、話の流れの前後、言葉のニュアンスを細かく伝えようとするあまり、文章が長くなってしまっているパターン。

確かに言葉には、文章だけでは伝わらないニュアンスはあります。「アホか!」っていうのも笑いながら言うのと真顔で言うのとでは意味合いが違いますよね。

ですが、あえて言います。「知らんがな」です。

読む人も忙しいので、事実として何があったのか、そして自分はどうすべきなのかが簡潔に知りたいんです。

いろいろと伝えたい気持ちはグッとこらえて、感想は全部削ぎ落としてください。感想は必要であれば追記する、補足程度のものと考えてください。

箇条書きだと伝わりやすい

事実を簡潔に説明しようとするなら、箇条書を有効に使いましょう。とりわけ、特徴を羅列したい時は有効です。

まず文章だとこう。

問題の人物は30代くらいの男性女装レイヤーで、身長は165cmくらいの痩せ型。メガネをかけていて、帽子を被っていて、声は低いです。欽ちゃん走りで追いかけてきます。

箇条書きだとこうなります。

  • 30代くらいの男性、女装レイヤー
  • 身長165cmくらい、痩せ型
  • メガネをかけていて、帽子を被っている
  • 声は低い
  • 欽ちゃん走りで追いかけてくる

話の中で寄り道しない

あとありがちなのが

  • そこは私も悪かったのですが
  • あとから聞いた話なのですが
  • その場で助けてくれた人へのお礼

といった、話の中での寄り道。スムーズに読み進められなくなるので、本文には必要ありません。

この辺りは注釈とか補足情報になるので、“※1″”※2″といった具合に、最後にまとめて書くと、全体がスッキリします。

写真やTwitterのスクショって要る?

その人物の写真やTwitterのスクショを掲載すれば、文字情報に加えて視覚的情報がついてくるので、情報を飲み込みやすくなります。

また、ツイート自体がタイムラインで目につきやすくなるというメリットもありますね。

ただ念のため、顔と本名は伏せておいたほうがいいかも。後から何かあった時のために「いや???あなたのことじゃないけど??????」って言い逃れできますからね。

注意喚起に決定的な効力はない

あと気に留めておいてほしいのが、注意喚起ツイートは実質的な抑止力にはならないということです。

5000RTされようが10000RTされようが、Twitterを見ていない人たちもいて、その人たちには全く届かないからです。ていうか、見ててもあんまり覚えてないですよね実際。

Twitterを見て情報を知っていても、強引に来られると断りきれない人もいますし。

あと、迷惑行為を働く人間って、それくらいじゃ止めないんですよ。悪名が知られてきたら、コスネームとかアカウントを変えてリスタートするだけって感じなので。

最終的には警察です

そもそも、付きまとい、車への連れ込みのようなことがあれば、それこそ警察の出番です。

Twitterで何万人に見られるより、警察で1つの案件になってしまったほうがよほど効きますし、今後の抑止力にもなります。

だからまず警察行って……ww

まとめ

  • 公益性が大切。あなたにとって重要な情報より、読む人にとって重要な情報を伝える
  • 文章ではなく箇条書きのほうが伝わりやすい
  • ほんとうの意味での抑止力にはならない。最終的には警察です

オマケ:ダメな例全文

画像素材用に書いたんですが、自分でツボったし、もったいないので全文載せます。

注意喚起の書き方・ダメな例全文1

注意喚起の書き方・ダメな例全文2

注意喚起の書き方・ダメな例全文3

注意喚起の書き方・ダメな例全文4

どんな奴だよ。

PR



お知らせ

Twitterもよろしくね(^q^)

コスプレ動画始めました(ㆁωㆁ*)

Youtube

niconico

ゲーム実況動画もよろしく(*´ェ`*)

Youtube

niconico

コメントを残す