コスプレ全然関係ない話, コラム

とあるトランスジェンダーの方に話を聞いてみたよ

先日投稿した記事に「LGBTの人いたら詳しく話を聞きたい」って書いたら、とあるトランスジェンダーの方から連絡がありました。

もうね、ほんとに意外な人でして、「ブルータス、お前もか」って思ったんですよね。

今回は、トランスジェンダーのYさんにみっちり質問させていただき、了解を得た上で掲載することにしました。

普段なかなか出会えないし、話を聞く機会もめったに得られないであろうLGBTの方。これはもういろいろ突っ込んでお聞きせにゃ……!!

ちなみに謝礼として「コスプレ初心者にオススメのキャラを教えてほしい」とのことだったので

 

 

 

 

キタキタおやじ
引用元 http://guruguru-anime.jp/character/

 

 

 

 

いや何でもないですよ。忘れてください。

コスプレに興味があるけどゲーム・アニメ関係はよくわからないとのことだったので『VOCALOID』キャラをオススメしておきました\\\\٩( ‘ω’ )و ////

PR



性自認、恋愛対象はどっち?

――男性と女性、自分ではどっち側という認識ですか?

Yさん さっそく難しい質問ですね!  男性ではないと思っていますが、「女性か」と言われるとちょっと考えます。 マスメディアでよく使われる「心が女性」ってのはちょっと腑に落ちない感じがします。

ただ、男性であることを強く拒否したいことだけは間違いないです。

――服装やビジュアルは男性と女性どちらで生活していますか?

Yさん 女性です。

――恋愛対象は男女どちらでしょうか?

Yさん 男性です。

――周囲の人はそのことを知っていますか?(家族・友人・知人・ネットで関わりのある人など)

Yさん リアルの交友関係では大半が知っています。 ネットで関わっている人は知らないです。

――恋人はいますか?

Yさん 絶賛募集中です。

――いる場合、どんな人ですか? いない場合、どんなタイプが好みですか?

Yさん ひげをはやした人が良いです!  性格的には誠実で、ケチじゃない人が良いと思います。「ATM」って言いたいわけじゃないですが 笑

女性ホルモン投与と、性別適合手術も

――女ホルと手術をした時期を教えてください

Yさん 女性ホルモンを始めたのは10年以上前、手術(性別適合手術)は3年ぐらい前です。

――女ホルと手術をした理由を教えてください

Yさん 女性ホルモンを始めたのは外見を変えるためです。

例えば、女装コスプレイヤーが1枚の写真を女性のように見せることはできても、日常的に女性に間違われることはほとんどありません。それは肌の質感や脂肪のつき方が男女で違うためです。 男性の肌は浅黒く、毛深い体毛があって、筋肉質であることが多いですよね。

手術は、戸籍が男性のままだといろいろ不自由があるため行いました。2017年7月現在の法制度では、戸籍の性別変更のために手術は必須です。

――費用はいくらかかりましたか?

Yさん どこまで費用に含めるか難しいですが……ホルモン注射(ペラニンデポー)は1回2,000円程度。 手術の費用は200万円ぐらいです。あと、全身脱毛でたぶん50万ぐらいかけています。

私はやってないですが、顔面整形とか始めると、家が建つぐらいのお金は簡単に飛んでいきます。

――前後で変化はありましたか?(自分の性格・ライフスタイル・周囲の反応など)

Yさん 性格はだいぶ感情的になりました。 ドラマとか映画とか見ると、すぐに感情移入して泣いたりします。 人の性格はホルモンにかなり支配されていますね!

周囲の反応は人それぞれです。 女性扱いする人も、元男性であることをいじってくる人もいます。ただ、トランスしたことを理由に離れていった人がいなかったのは幸いです。どうしても人間関係のトラブルはよくある話なので。

とあるトランスジェンダーの方に話を聞いてみたよ

「男性であることを強く拒否したい」

お話を聞いて、「男性であることを強く拒否したいことは間違いない」という言葉にインパクトを感じました。

私たちは普段、自分が男性であること、女性であることに特に違和感を持つことなく、それを当然として過ごしています。

趣味程度に異性装をすることはあっても、それはあくまで趣味程度のこと。「可愛くなりたい」「格好よくなりたい」「普段と違う自分になりたい」という気持ちはあっても、本当に異性として生活したい、異性そのものになりたいと考える人はほんの一握りです。

また、お話にもあったように、医学的、社会的に異性になるのは相当な手間と費用が必要です。特に費用なんて、慎ましく生きれば1年は遊んで暮らせる額ですよね。

その代償は少なくありませんし、だからこそ「可愛くなりたい☆」などといった、喫緊でも切実でもない動機が決断の決め手になるとは考えにくいです。

一方、「男性の体が嫌だ」「女性の体で生きるのが辛い」などといった感覚があれば、それは取り除くまで一生ついてまわります。逆に言えば、取り除けるなら何百万円積んでもいいと思うのが人情でしょう。

だから私は、性転換手術をしたり、真面目に異性になりたがっている人は、”そうせずにはいられない”んだなって思ってます。

とあるトランスジェンダーの方に話を聞いてみたよ

女装子とLGBTは根本的に別物

誤解のないように強調しておくと、女装子とLGBTは根本的に別物です。

たとえば私の場合、女装コスプレをするのは普段の自分からかけ離れた姿になるのが楽しいから。性自認は男性で、恋愛対象は女性ですし「石原さとみが好き」って100万回言ってます。

今後、女装子文化の浸透(マジで可愛い男の娘がどんどん出てきてるぞ!乗り遅れるな!)にともない、男性の女装はカジュアルなものになっていくはず。だからこそ、女装子とLGBTが別物であることをきちんと認識しておく必要があります。

気を遣うのではなく、気にすべき事項

男女差別・人種差別が許されない中で、なぜLGBT差別に対しては誰も何も言わないの?不思議よ。案外身近に差別発言がある中で、気を遣うというより、気にすべき事項なんじゃないかしら。
(中略)
他人を傷つけないために、人としてセンシティブにならなければいけないことだと思うのだけど。

引用:http://www.huffingtonpost.jp/letibee-life/lgbt_b_8635314.html

やっぱり、LGBTで周囲にカミングアウトをしてる人って少数派なんですよね。自分が知らないだけで、ごく身近にいるかもしれない。

たとえば、友達同士で「ホモかよwww」って煽り合ったりしてる中に本当にゲイの方がいて、苦笑いしてる場合があり得るってことです。

だから、LGBTの方に対して気を遣うというよりは、むしろ彼らがいないところでの言動を気にすることのほうが大切なのかもしれません。

PR



お知らせ

Twitterもよろしくね(^q^)

コスプレ動画始めました(ㆁωㆁ*)

Youtube

niconico

ゲーム実況動画もよろしく(*´ェ`*)

Youtube

niconico

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。